30代から50代の出会い社会人交流サークル

30代を超えたからこそ知っておきたい「人の目を見て話すコツ」…銀座で婚活を始める時にもお試しください

  • HOME »
  • 30代を超えたからこそ知っておきたい「人の目を見て話すコツ」…銀座で婚活を始める時にもお試しください

30代、40代、50代と経験を積んだはずなのに…「人の目を見て話す」ことの重要性と簡単なコツ

30代、40代、50代…と年齢や経験を重ねても、人の目を見て話すことが苦手という方は少なくありません。しかし、「人の目を見て話す」ということは、相手のことを尊重しながら話しているという意思表示でもあり、社会人として基本的なマナーでもあります。
また、目線の合わせ方一つとっても相手の感じ方や捉え方、自分に対する印象は全く違ってくるのです。

相手を慮る

話すことがあるということは、聞き手に知ってほしい話があるということ。自分のライフスタイルや、日常的に幸せを感じることなど、様々な話題があるでしょう。「自分がこのような考え方を持っている」ということを相手に伝えるために、聞き手に理解してもらうことを最優先にお相手のリアクションを見ながら話すのがコツ。目線だけでなく、聞き手の表情全体や時には全身のリアクションを見つつ、聞き手とペースを合わせながら話すと好印象です。

目線は「適度に」合わせる

「人の目を見て話す」ことは基本ではありますが、実は合わせすぎも良くないもの。実際に、日常生活で目線を外さずにじっと見つめてくる人がいたとしたら、攻撃的・威圧的な意思や居心地の悪さを感じてしまうこともあるのではないでしょうか?しかし、目線を全く合わせないと、相手に対して興味がないという意思表示だと捉えられる可能性も…。
口元を見たり、顔全体を大まかに見たりと「適度に」視線を外すことは、相手にプレッシャーを与えずに話そうとしている意思表示や、相手に伝わるように話の流れを組み立てながら進めている印象にもつながります。

大人の街「銀座、恵比寿、六本木」でを気楽に始めよう

【ハピエスト】は、出会いの場を銀座、恵比寿、六本木という好立地で始めていただけます。

少人数ならではの、アットホームな雰囲気で、恋活・婚活ということは意識せず「交友関係を広げたい」「今まで会ったことがないタイプのお友達がほしい」という方もご参加いただきやすい、ランチタイムパーティーです。

目線を合わせるのが苦手…という方も気楽にご参加いただけるのが魅力の一つ。「連絡先交換タイム」のようなものは設けていないため、連絡先の交換は参加者様の自由意思にお任せしております。

大人の街で、肩の力を抜いた婚活を始めてみませんか?

PAGETOP